FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエル視察から学ぶアニマルセラピー

1-1北村氏 1-3横山氏 1-6会場
1月19日葛飾シンフォニーヒルズで行われたJaTTS研究会に参加してきました。
今回は、アニマルセラピーの話だけではなく、イスラエルの日常生活や文化・歴史の話まで聞くことが出来ました。
私は宗教に疎いので、宗教間の対立や最近大きな話題となっているテロのニュースなどを、どこか他人事の様に見聞きしていました。しかし、とても深刻で深い事情があることを知りました。私にはとても難しい問題なので、言葉で上手く言い表せません。イスラエルという国が、いつテロや紛争が起こるか分からない状況下を長く経験し、人々の多くは心に大きな傷を負っている現状があることも初めて知りました。
PTSDを発症する人々が多いということは、彼らをケアする仕事も多いということ。中でもアニマルセラピーはイスラエルの日常生活の中に溶け込んでいるように感じました。イスラエルの病院の中には動物園があることにも大変驚きました。また、日本ではあまりアニマルセラピーとして使われていない、チンチラやインコやヘビが多い事も大変興味深かったです。動物達の環境や衛生面など、様々な問題やリスクはありますが、私は日本ももっと動物を身近に感じられる場所がたくさんあれば良いと思いました。たとえば、木更津にある「のぞみ牧場学園」がその一つではないでしょうか。
また、日本も東日本大震災のような辛い経験から、未だ数多くのPTSDに悩んでいる人々がいます。イスラエルのように、日本でも今後PTSDに対するアニマルセラピーが多く行われていくのではないかと思いました。
今回、異文化・異国と日本の比較によって、日本のアニマルセラピーについて、また、PTSDに対するアニマルセラピーについて考えることが出来ました。日本におけるアニマルセラピーは未だ発展途上ですが、今後さらに発展し、注目されていくのではないかと思います。横山先生の発表は、日本のアニマルセラピーと他国とのアニマルセラピーを比較した図やグラフが多く、素人の私にも理解しやすく、とても楽しかったです。
その他にも午後からは、自閉症児がカメに興味を持つ理由を探る事例研究や乗馬セラピーの実践報告は大変興味深く、あっという間に一日が終わってしましました。何より発表の中に出てくる子どもたちがとても満ち足りた表情をしていることが印象的でした。
 研究会に参加するたびに、違う考え方や見方からの意見が聞けてとても良い刺激を頂きます。アニマルセラピーは人間の心理と密接に関わっていると思うので、今回の研究会で学んだことを持ち帰り、指導に繋げていけたら良いと思います。

(心理士:池田麻美)

宮田勝重先生を偲ぶ会

宮田先生
この度、理事 宮田勝重先生が、去る10月24日(水)に急逝されました。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

尚、通夜並びに葬儀は、故人のご遺志により、御親族のみで執り行われましたが、
宮田勝重先生と御縁のあった方々がお集まりになり、宮田先生の思い出やエピソードを語りながら、故人の歩まれた足跡を振り返りたく「偲ぶ会」が12月15日学士会館にて行われました。

宮田先生の先駆的で、エネルギッシュなご活動、ご人脈に改めて圧倒され、またその遺志を引き継ぐべく責任を感じさせられる会となりましたことをご報告させて頂きます。

1月19日に開催されますアニマルセラピー部会では会員の皆様とご一緒に宮田先生に感謝の気持ちとお祈りをささげたいと思います。(事務局 東敦子)

キャリア教育(5/12)

 2012年5月12日の日本総合的セラピー研究会全体会では、特別講演として、岡山県立高松農業高等学校の原敬一先生にご講演いただきました。テーマは、「あこがれの動物職に着くために~高等学校動物関連学科におけるキャリア教育の取り組み~」でした。
1-2 原 氏1
 原先生からは、学校のねらいやカリキュラム、実際の授業の様子、進路の調査状況、長年授業と進路指導にあたってきて、原先生が感じていらっしゃることなど、さまざまな側面から、有意義なお話をいただきました。講演をお聞きする前は、一般の高等学校ではなく、専門性のある高等学校に行かれているからには、当然、卒業後は、動物に関係した職業に就かれたり、進学をされたりする方が多いのだろうと思っていました。しかし、現実には、動物関係の職業に就かれている方は少なく、就いたとしても、離職してしまう方も多くいらっしゃるということで、正直驚きました。しかし、キャリア教育という視点で考えると、動物関係の仕事に就くことのみが、正しいゴールということではなく、高等学校の中で、将来に向けての「コミュニケーション力」、「生きていくための力」など、社会で求められるであろう「人間力」をつけていくことが大変重要なのだということを学ばせていただきました。

 アニマル部会では、北村先生から、「動物の福祉」というテーマをご提案いただき、それぞれに意見交換しました。人間の立場、動物の立場など、いろいろな側面から意見が出され、すでに自分の立場や信念がしっかりと確立した上で、「動物福祉」に向き合う方、まだまだ、経験も少なく、「動物の福祉」についての考えもこれからという方、実際に動物介在活動を行いつつ「動物の福祉」について、どう考えていったらよいか模索中の方などなど・・・。
3-1 YG会1 3-2 まとめ2 北村氏 
 あらためて「動物の福祉」について考えていく、よい機会となりました。

 今後も、アニマル部会の中で、「動物」と「人間」について、ワイワイガヤガヤと意見交換していけるといいのでは、と感じています。

2011年度アニマルセラピー部会が開催されました(11/12)

 今回アニマルセラピーについては長野県立木曽養護学校教諭・岡村真子氏が「木曽馬による知的障害児への乗馬活動の実践」を発表してくださいました。
岡村氏
 木曽養護学校は在学生が少人数で、「木曽馬の里」が近隣にある等乗馬セラピーを行うことに、よい環境に恵まれているそうです。
 実際に乗馬セラピーを行う児童は年度初めに参加希望を募り、参加者を決めるそうですが、参加することが決まると、「木曽馬の里」のインストラクターさんや担任の先生、スーパーバイズをして下さる先生と連携をとり、計画を立て身体面の目的だけでなく、乗馬セラピー、馬の世話などを通して認知・言語課題にも挑戦しているそうです。
 馬がいる場では要求・発声ができるなど、数値などでは表せないアニマルセラピーの効果をまた拝見することができました。

 さて、アニマル部会としては聞き逃せない!
 今回は動物看護師の国家資格についての特別シンポジウムもありましたが、こちらではこれから動物看護師を目指す多くの学生も参加し、桜井富士朗氏、福所秋雄氏、細井戸大成氏を話題提供者にお迎えし、熱い討論を交わすことができました。
Q&A 2 Q&A 1
 ディスカッションでは様々な質問が出てきました。
 国家資格化のメリットは?獣医は動物看護師の教育内容を知っているのか?動物看護師資格の国家資格への移行は早すぎないか?カリキュラムの中に飼い主との関わり方など、人についての教育が少ないのでは?国家資格化すると雇用しづらいのでは?また、現在動物看護師として働いている方からは、現場の動物看護師は国家資格化を知らない、現在の動物看護師はどうなるのか?現場はどのような手段で意見を述べたらいいのか?など、国家資格化の話が進む中、それを知らない現場とのギャップもあることを知りました。
特にこの中で、カリキュラムに飼い主との関わり、人についての教育が少ない、という議論が出たのは「日本総合的セラピー研究会」だからこそ!出た意見ではないかと思いました。看護師は獣医と飼い主をつなぐ架け橋でもあり、飼い主が初めに悩みを相談する相手、技術面中心の獣医ではまかなえない部分をフォローするのが動物看護師、ということで、動物看護師も動物だけでなく“人”にも重きを置く必要があり、その点は獣医も重要な部分と考えている、とのことでした。
 まだまだ混乱は続きそうですが、現場の動物看護師も、これから動物看護師を目指す学生も様々な組織に積極的に参加し、国家資格化へ向けて意見を述べ、疑問を解消していく必要があると感じました。


2011年度全体会のご報告

今現在の日本人の最大の関心事はやはり東日本大震災でしょう。
亡くなられた方には心よりお悔やみ申し上げます。また被害にあわれた方の一日も早い復興を願っております。
今回のJaTTS総会の研修会は、「大震災を乗り越えるために我々ができること~総合的セラピーの視点から考える」でした。まず初めに、ドッグトレーナーの村瀬英博先生より、被災地における救助犬との生存者の捜索・救出活動を行ったご報告を頂きました。大きな画面に映し出された悲惨な状況の写真に心が痛みながらも、村瀬先生の救助犬のチームや各国からの支援チームなどが必死で救助を行ったお話に聞き入りました。
2011むらせ先生
2011よこやま先生

次の講師の横山章光先生は精神科医です。被災地の方々への心理的援助などについてお話されました。
今回のような震災の場合には、いわゆる心理的ケアを行う際に、対象者は家を流され家族を失っている、というところをまず見ないわけにはいかない。遺体を目にして確認することで、家族の死をやっと認め心に受け入れることができる、その大切さや、大き過ぎるショックを受けた時に、だれかがただそばにいることの大切さ、そのようなことは精神的ケアを説明する教科書には書かれていない。一体このような事態で私たちには何ができるのか、という重い問いを頂きました。
また、これからは一度精神的に落ち着いたとしても、PTSDの場合には脳の一部の働き・しくみ自体が変わってしまうと言われており、今後長い間、フラッシュバックなどに悩まされていく人が、これから徐々に出てくるだろう。このような大震災での総合的セラピーとは何なのか、と考えると、アニマルセラピーや音楽療法などは、震災直後には不謹慎だと思われてしまう。しかしながらこれからは、そういった分野からの心のケアによる復興というのもあってもよいのではないか、というお話がありました。
被災しなかった人の中でも、3月以来無力感に陥った人は多いことでしょう。誰もが経験したことのない大規模災害なのですから、そこからの復興も初めてのことなのです。試行錯誤の日々がしばらく続くことでしょう。その重さに耐えながらも前を向いて進み、経験を次の世代に伝えていくことが求められていると思いました。
最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
JaTTS公式コンテンツ
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。