スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年度全体会のご報告

今現在の日本人の最大の関心事はやはり東日本大震災でしょう。
亡くなられた方には心よりお悔やみ申し上げます。また被害にあわれた方の一日も早い復興を願っております。
今回のJaTTS総会の研修会は、「大震災を乗り越えるために我々ができること~総合的セラピーの視点から考える」でした。まず初めに、ドッグトレーナーの村瀬英博先生より、被災地における救助犬との生存者の捜索・救出活動を行ったご報告を頂きました。大きな画面に映し出された悲惨な状況の写真に心が痛みながらも、村瀬先生の救助犬のチームや各国からの支援チームなどが必死で救助を行ったお話に聞き入りました。
2011むらせ先生
2011よこやま先生

次の講師の横山章光先生は精神科医です。被災地の方々への心理的援助などについてお話されました。
今回のような震災の場合には、いわゆる心理的ケアを行う際に、対象者は家を流され家族を失っている、というところをまず見ないわけにはいかない。遺体を目にして確認することで、家族の死をやっと認め心に受け入れることができる、その大切さや、大き過ぎるショックを受けた時に、だれかがただそばにいることの大切さ、そのようなことは精神的ケアを説明する教科書には書かれていない。一体このような事態で私たちには何ができるのか、という重い問いを頂きました。
また、これからは一度精神的に落ち着いたとしても、PTSDの場合には脳の一部の働き・しくみ自体が変わってしまうと言われており、今後長い間、フラッシュバックなどに悩まされていく人が、これから徐々に出てくるだろう。このような大震災での総合的セラピーとは何なのか、と考えると、アニマルセラピーや音楽療法などは、震災直後には不謹慎だと思われてしまう。しかしながらこれからは、そういった分野からの心のケアによる復興というのもあってもよいのではないか、というお話がありました。
被災しなかった人の中でも、3月以来無力感に陥った人は多いことでしょう。誰もが経験したことのない大規模災害なのですから、そこからの復興も初めてのことなのです。試行錯誤の日々がしばらく続くことでしょう。その重さに耐えながらも前を向いて進み、経験を次の世代に伝えていくことが求められていると思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
JaTTS公式コンテンツ
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。