スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャリア教育(5/12)

 2012年5月12日の日本総合的セラピー研究会全体会では、特別講演として、岡山県立高松農業高等学校の原敬一先生にご講演いただきました。テーマは、「あこがれの動物職に着くために~高等学校動物関連学科におけるキャリア教育の取り組み~」でした。
1-2 原 氏1
 原先生からは、学校のねらいやカリキュラム、実際の授業の様子、進路の調査状況、長年授業と進路指導にあたってきて、原先生が感じていらっしゃることなど、さまざまな側面から、有意義なお話をいただきました。講演をお聞きする前は、一般の高等学校ではなく、専門性のある高等学校に行かれているからには、当然、卒業後は、動物に関係した職業に就かれたり、進学をされたりする方が多いのだろうと思っていました。しかし、現実には、動物関係の職業に就かれている方は少なく、就いたとしても、離職してしまう方も多くいらっしゃるということで、正直驚きました。しかし、キャリア教育という視点で考えると、動物関係の仕事に就くことのみが、正しいゴールということではなく、高等学校の中で、将来に向けての「コミュニケーション力」、「生きていくための力」など、社会で求められるであろう「人間力」をつけていくことが大変重要なのだということを学ばせていただきました。

 アニマル部会では、北村先生から、「動物の福祉」というテーマをご提案いただき、それぞれに意見交換しました。人間の立場、動物の立場など、いろいろな側面から意見が出され、すでに自分の立場や信念がしっかりと確立した上で、「動物福祉」に向き合う方、まだまだ、経験も少なく、「動物の福祉」についての考えもこれからという方、実際に動物介在活動を行いつつ「動物の福祉」について、どう考えていったらよいか模索中の方などなど・・・。
3-1 YG会1 3-2 まとめ2 北村氏 
 あらためて「動物の福祉」について考えていく、よい機会となりました。

 今後も、アニマル部会の中で、「動物」と「人間」について、ワイワイガヤガヤと意見交換していけるといいのでは、と感じています。
スポンサーサイト
最新記事
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
JaTTS公式コンテンツ
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。